「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

自治体の不祥事は国政にならったもの?


国会の柳瀬氏の野党の質問があった。
またしても多くの国民不在の裏に、政治の策略があった気がする。
「安倍総理の軽はずみな政治運営」があり、良い事も多いのに、自分の仲間に妻の活動の為に、政治・官僚を動かしての行動が、この事件の本質だと私は思っている。
佐川氏の国会発言が、結果的には「総理を守る」との、嘘のでっち上げだという事が解った。多くの各省庁の官僚の書類が出てきている。(これは安倍総理への氾濫)。一人の総理を守る事は、嘘に嘘を重ねないと収集が付かなくなる。こんな事は長く生きていれば判るのだが、政治の権力を持つと、目の前が見えなくなってくるのか、それとも今の力なら何とでもなるとの判断なのか。
日本の知能の中枢の優秀な官僚たちよ、自分で立って欲しい。政治家と対等であって欲しいが、これで均衡が取れるかというと、また、暴走する。頭の良い人間が正義を重んじ、日本の公僕として働いて欲しいと願うばかりだ。

我が町の首長と安倍総理とはよく似ているように思う。町の各団体とのトップとの硬い絆で、行政に気を使い、町のすることに習い、団体の事業にあたっているように思う。それは多くの国からの資金が、団体に流れている事が、その根底にある。私がある情報を掴んだとき、ブログでその事を書いた時に、団体の長は「削除してください」と連絡をくれた。たかが40前後の発信の読者、その予算の根回しは関係する人たちは皆が知っている。
誰か一人に気遣いなから、町の経済が動いているなんて、あり得なく被災地の再建で、大きなマイナスとなっている事が、なぜ解らないのか。昔の町の指導者は何も語らず、語れば身内に害が及ぶ? こんな事では町は変わらない。変わる必要がないと言っているかのようだ。国と町は実に良く似ている。

議会とは町民の立場に立ち その目線で

南三陸町の「防災庁舎保存問題」を思い出す。一度は「解体」から、再度の町の保存提案に「保存」との、4年前の新議員構成での議会判断が覆せるなら、昨年の議会の改選での新議員での、再再度の「保存の賛否」を問える事となる。議会の決定はそんなにも軽い物かと、議会の決定の意義を考えさせられる。

180509_182014.jpg
村井知事の上告の「専決処分」とし、県議会に掛けない政治判断があった。
村井知事の議会での発言の「やむを得なかった」が被災者関係者に反感を買う事となった。教員の判断・避難行動が議論されている中で、「やむを得なかった」は知事の上告者の発言としては気配りが欠如している。後で訂正し謝罪はしたものの、長期の政治の立場による「おごり」が、この発言には繋がっていないだろうか。私は知事の考えを言うべきで、石巻の判断にならうは、知事として「大川小問題」の全国的な関心がある中で、その上告判断の理由なく同じでは、県民の理解など得られない。再度、決定理由を述べるべきと思う。
長期政権の維持の弊害と私は感じる。中立の立場で校正公平な政治判断が、首長には求められている。安倍政治の続行の弊害がこんな所にも見え隠れする。県議会でも議論すべきだったと思う。これが県議員の投票判断にも県民の参考となったはすだが。

180509_181916.jpg
大川小学校の73人の死の仙台高裁の、市と県への約14億の賠償命令に、「上告」との市議会判断となった。4人議員が市の上告の提案に、以前の判断を覆し「16対12」で市の議会で上告判断となった。
全議員の賛否の理由が述べられた。「今後の自然災害に対する自治体のガイドラインとして、司法判断として最高裁で判断すべき」「遺族の裁判の継続の苦しさ」など独自の持論が述べられた。反対側は亡くなった子供達と家族の辛さを、もう終わりにとの強い思いがあっただろう。

猫神社の「田代島」に大行列


観光船は9時出発で、定期便に特別便とも200名~250人が乗り込み、島への人口は6倍前後となると言う。行きは波浪で55分、午後は天気に恵まれ45分の船旅、たまにはイイものだった。

猫の魅力は島を歩き感じた。目的地は「大泊」で港が震災復旧中で、車で15分の「仁斗田港」が唯一の受け入れ港だった。帰りは「猫神社」を見ての帰路だったが、一つ道を間違えた。出船は2時12分で、港から30分と言う神社まで、また坂道を歩いた。既に1時間は歩いて足も居たいが、ここまで来て乗り過ぎして後の便でもと良いとの考えで、神社までの坂を、猫たちをカメラに収めながら進んだ。20分歩いた所でさすがに足のマメがつぶれ参った。その時、可愛い猫の鳴き声、草むらから一匹の猫が出て来た。「ホッとさせ癒された。」瞬間だった。「これなんだ」と実感した。

石巻市「田代島」に、こんなにも多くの家族連れ、多くのカップル、外国人観光客が猫島離党を訪れる理由はこれだと感じた。SNSの力がこんなにも大きいと感じた。人は癒しを求め働き生活をしていた。

南三陸町の防潮堤工事


後3年間の震災復旧復興から発展期の10年間が終了する。しかし、被災地の現状は「防潮堤整備」は、まだ「30%」も完成には至っていないと言う。
昨日は「防潮堤をなおしています」との、工事説明看板を見つけた。こんな場所が被災地に少ないが「工事不良」「工事ミス」もある。気仙沼市では防潮堤の高さが20㎝も高く整備してしまった「ミス」があった。地盤の隆起があり、隆起した高さを防潮堤から引かなく、この整備で行くのかが気仙沼市では地区民と協議を重ねている。県工事で地区住民との議論がなされている。
総てがそうかと言うと、工事不良を公表しないままで、やり直しの補修工事が被災地にはある。建設会社のミスで会社が持つのかが、有耶無耶になっている気がする。再度予算化されての防潮堤整備は、人のすることでもあり、しょうがないでは済ませないが、復旧工事の遅延と工事費の増加は「国民の血税」の無駄遣いでもある。
防潮堤整備は10では終わらず、1年・2年と工期の延長と予測するが。町は「工期の期間に完成の努力をする」と説明をする。

180502_115217.jpg
写真は蒲の沢地区から整備中の防潮堤を望んだ。千年に一度の「L2」の大津波が来たら、整備中の防潮堤は一たまりも無いだろう。

門前町構想


門前町構想が私の所属していた団体にあった。
私は震災からの復活に八幡様から、両脇の商店整備で観光客の拡大を考えていた。町は「商店街構想」で大きな商店の拡大と、多くのイベントでの集客を迎える考えでいた。経費を掛けイベントと祈念公園の整備で客を呼ぶと言う考えだった。毎年資金を掛け、出店者も資金を出しての継続は、軽有為の大きな負担となる。
神社は神様への感謝を主体とし、地道な商店街の経営体制が、今後の町の将来に繋がる。そんな姿が「定義山」にはあった。若者から子供まで老若男女が信仰に訪れ、当山の歴史に触れる。こんな町づくりが私の構想である。
当然ながら、町はこんな静かな消極的な構想を受け入れるはずも無いが、町内の神社仏閣は昔のままの営みで、地元の住民との係わりで、ここまで暮らしてきたに他ならない。

プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター