FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

今年初のひとりパーティー


残った「キムチ」を使い鍋に
キャベツ・玉ねぎ・肉・きのこを入れ
食べやすいキムチ味となった
初めての「キムチ鍋」二日は食べられる

DSC_1661.jpg
子供一人の3人家族の「禍」は、最悪の事態を招いてしまった。「自分だけで考えないで!」と叫びたい。主人がコロナ感染となり、最後は家族3人に感染し、30歳代の妻は「自分が子供に移した」と悲観し、一人自分を追い込んでしまった。誰も悪くはない。家族が、社会が守らないで誰が守るのか。政府のコロナの感染対策には、入院先がないからと、自宅で療養等、コロナ感染での的確な治療ではない。昨年の第一波の感染での、政府に危機感が欠如していた事を原因に上げたい。良い意味での中国の対応は、強権を発揮しコロナを封じ込める事ができた。

11年ぶりに日本の自殺者が増加した。女性・子供たちの自死がその中でも多い。私は12月の定例会で震災後の心のケアと、宮城の子供たちの「不登校」について質問をした。町では学校とptaと教育委員会の連携で対応し、私の町では「いじめ」「不登校」は少ないと説明された。
大震災から新しいコミュニティーの形成途上の中で、地域の情報交換と、交流はできているかと言うと、まだまだ時間はかかると思っていた。そんな中で不幸が起こった原因の検証を是非、教育委員会には取り組んで欲しい。

県内の高校での大きなクラスターが発生している。石巻と利府で50人に迫る感染拡大が起こっている。無症状の生徒のpcrを実施して欲しいものだ。日本には昨年度の発症事に、pcrの検査機が千葉県のある会社で作られていた。イギリスでは早期に機会を買い入れ、この会社に感謝状のようなものを贈ったときいた。なぜ国内の先進技術を利用しないのかと思った。

DSC_1657.jpg

昨夜は今年となり初めての刺身での一人パーティー、父の仏壇にも供えた。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター