FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

皆さんも議員になれる


来年10月の南三陸町議会選挙があります。町長の応援団はもういらない! 町民の為に活動する若い、将来を考えた議員の出馬を臨みます。
町からも金権選挙の脱却、町長の為に動く議員はもういらない。

●議員報酬
・議員の期末手当の町からの提案を2度否決していますが、身を切る議員の決断に対し、町長の「議会側からの提案を」と言う事なので、議長・議員の皆様には、町長の提案を受けて、議会から期末手当の値上げをして欲しい。

●議員報酬は全国の町村議会の報酬を見てもピンキリで、同等程度の人口で最低だと16万円代であり、最高だと27万円の所もあります。前回の議論で私は現在の「23万円」の一般議員は、所得税などを差し引くと約20万前後で、手取りで「25万」として、所得税を引く前だと「28万円」と、全国でも高い報酬となります。

・そこを考慮し今回の提案では手取り「23万円」です。議員一人当たり年間で36万円の増額を提案します。3人の議員定数減で、浮いた分を回しても良いのかなと思います。

・専門議員で所得が増えても、国民健康保険など税金に取られると、議員報酬だけでの子供との家族生活は厳しいと思いますが、町の財政も潤沢とは言えません。ボランティア精神も私は必要と思い、報酬額を決めないといけないとも思います。

●常任委員会の設置は、他町の議員数が13人の場合に、「総務産業常任委員会」と「社会文教常任委員会」で、各6人ずつとして、広報委員会は従来の通り、委員会から3人が委員となる方法の6人体制で良いと思います。

新しい議胃の皆さんの為には、現職への2回の期末手当の値上げの反対をしました。公務員と同等の報酬で働ける「新議員環境の整備」の活動です。施行は選挙後で、決して現職の為では無い事をご理解下さい。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター