FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

気仙沼のプレハブ商店に学べ


昨日のテレビのニュースで「気仙沼プレハブ商店街」の現状と今後の取組を伝えていた。
震災後の一年間で60万人の観光支援の来場者が、今年は20万人に落ち込み、このままではと対象客を観光客から、仮設で暮らす高齢者に変更した。
経営形態の変更は将来への市の在り方と取り組みを考え、被災した高齢者の救済に向け、既存のお客様を対象とした。昨日は仮設の高齢者に20個の弁当を無料で提供した。商店内の店からの食材を持ち込み、栄養バランスを図り、高齢者の見回りも活動の一つに上げている。
現在南三陸町が作ろうとする商店は観光客の誘致による、観光中心の町商店形成を推奨し目論む。志津川市街地の嵩上げした所に「ショッピングモール」を、被災した商店にテナントとして入ってもらい、御前下には量販店の出店が27年度に加速し、今後大型店の集合体となり、「道の駅構想」は町にはなく、民間でその形成を入谷に考えている。高台の3地区があり商店も3地区と、バラバラの町形成の元に町の復興が進められている。
これが本当に町民が「理想とする町づくり」なのか、疑問だ。気仙沼市のように町が市民の住居の確保を優先に、その次に背後支援で商工・観光にあたるべきと私は思う。
今、間違いを訂正し町づくりを進めにないと、取り返しのつかない事になる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター