FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

町の委員は同じ人ばかり


土地換地審議委員に私も立候補しようとしたが、一筆に6人の権利者があり、15分の6と一番の所有で、固定資産税を全て納付している者の、相続を2週間で済ませたものの、立候補の権利取得は無理だった。
こないだ「・・・は立候補できななかった」と話しを聞いた。ある換地の方が「同じ人ばかりが町の委員になるのはおかしい」と、行政の担当課にクレームを付けた。私もこの実情への怒りから、周囲に換地委員になってと言われ、この行動を町議員選で落選した後、直ぐに挑戦した。
一部の意向のままに町づくりがされようと私は感じる。この疑問に何人かの町民が気づき、私に何とかしてと電話をくれる。土地買い上げも直接に担当課への、「なぜ!」を気軽に聞けない私の立場を、ご理解していただきたい。
土地の買い上げ買取の事業は今がピークである。遺跡も調査も終盤となり、志津川の津波拠点事業は、本格的に次年度には動く、これ以上の遅延は許せない。商店街と加工場は「基盤機構」の仮設での事業で、5年間と決まっている。その代わりの場所整備確保へが、3期目の最大の事業と町長本人は捉えている。
職住分離の町民の「住家」はやはり後で、27年・29年と予定し、これは1年とて遅れる事は町長には許せない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター