FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

30年決算総括質問


復興期間が残り1年半となり、被災した住民の町づくりに関しては時間の経過はあるものの、生活の環境の安定を達成する事ができました。
経済に関しても、商店街の整備、観光施設の充実、三陸道の延伸により、2017年2018年と連続して、来町者の144万人を達成しました。佐藤仁町長の町づくりは着々と前に進んでいるようです。今後は祈念公園整備と共に、観光客の拡大は復興の段階をふみ、観光客と交流人口は一定期間は拡大を続けると思います。

今年は実質黒字が約15億8千万円の黒字で、8億円を財調に、7.8億を次年度に繰越ました。普通交付金が約31.6億円と特別交付金が約3.7億円で、震災復興特別交付金が約26.4億円となり、国からの町への交付金が、町と町民の環境と生活の確保の為に、総額61億8600万円が交付されています。
町の運営は交付金の元で成り立っています。そこで関係してくるのが人口の確保です。2018年度は死亡が約300人、出生が約60人余りと、自然的な人口減の歯止めが効かない状況が、途切れる事無く続いているのが現状です。

●町は町民の婚活や、地域おこし協力隊に、移住・定住・起業をしてもらう、交流人口拡大など、それだけで人口減少の歯止めは難しく。10年後、20年後の将来を見据えた対策欠かせなく、その対策を聞かせて下さい。

●石巻市では財政見通しで31、32年度と復興復興期間終了後の33年度の3か年で、82億6千万の収支不足が予想されています。震災復興期間が終わる平成33年度には、財政調整基金が一揆に30億円が減少すると試算がされています。南三陸町の今後はどういう事となっていますか。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター