FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

多くの人が助かった場所と死んだ場所


〇被災市街地復興特別措置法
  公正な町づくり・健全な復興

「南三陸ホテル観洋の副社長が町を提訴」
この問題について町に一般質問した。
被災した高野会館側の土地の整備を後回しにし、公園側の土地も強制収容すると言う。被災市街地復興特別措置法・土地区画整理事業の法に抵触するとの事からです。

《質問した事》
●震災後に「都市計画審議会」があり、私も議員の一員として総務常任委員会から審議員になりました。
・第一回目に町長も出席し「復興事業に協力を」と挨拶がありました。そんな町づくりの都市計画は、絶対に個人的な思惑などないと、法に則り町民や町で事業をつづける事業所に害が及ぶなど、私自身微塵も無く、町の計画案に賛成してきました。
それなのに復興の最終盤で、大きな問題として新聞を賑わせる事となるとは夢にも及びませんでした。相互の話し合いで、問題の拡大や継続を早急に解決の道を図るのも、行政の首長の役目と思いますが。

●町長が当初「祈念公園」として推進地域の一体とし、土地区画整理事業を進めれば、この事業所からの提訴はなく、町の復興事業の最終局面に臨めたと思います。
・(高野会館側は防潮堤ができた後は、どのようになるのか。)市街地の復旧はこのまま、右岸は雑草の原野が町長の進める町の復興なのか。)
・すべては右岸の祈念公園の土地が、用地買収費が交付金として国に認められる為の工作と思いますが、私の考えは違いますか。
(土地を国から指摘で縮小した事も納得いきます)
・祈念公園内の事業所の土地の強制収容など、人権を無視した横暴な町の復興計画があると感じますが、町長のご意見を伺います。

町長「議員は何故、ホテル側なの」、愚問である。おかしい事はおかしいからです。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター