FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

「荒島パーク」が「楽天パーク」に


今日は午後から議会広報委員会があり、6月定例会開催の町民向けの告知チラシの内容について考える。議会への町民の傍聴が皆無なのは何故か、10年前の頃から傍聴人は少なく、その時は議会の事を知ろうと初めて行ったことを思い出す。傍聴席は20席余りながら、二人前後の傍聴人だった。

大震災の発生の時に議案に大きい事があった。議会の審議に仮の議場に、傍聴人がいっぱいとなった事を思い出す。その事案は、町の提出した議案に「漁港の震災復旧整備」と「戸倉ゴルフ場の買い上げ」の2件を一議案とした事で、議会は不明朗な土地の問題に反対し、地区の漁民は「なぜ早期の漁港整備に反対なのか」と、漁協の組合員が動員?しての、大盛況な傍聴席だった事を思い出す。私は「分けての議論を」と思っていた。町の議案の提案は、町民の心をかきたてる方法を取った結果の出来事だった。ヤジも飛ぶし、議場は混乱するし、原因は執行部の長の提案手法にある。

結果的にはゴルフ場跡地を、楽天の副社長が土地を買いとり、町に寄付をした。こんな繋がりの中で、私は町と楽天球団の繋がりに対して、疑念から楽天球団を指示できない。楽天は震災復興の支援で、少しの知名度をあげ、首長の趣味の野球で、町は大きな後押しの企業を得た。

そんな事もあった。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター