FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

良い年になりますように(合掌)


将来への大きなツケガ、今の子供達に降りかかる震災復興の真実と、人口減の対策の成果なしの町政は、自分(首長・役場職員)を守る行政運営であり、何を言っても無駄との自暴自棄の状態に、町民はなっているように感じる

室内・野外の孤独死亡は「検死」が必要ながら、正月初めで検死ほ行う先生がいなく、仙台でないと死亡の理由と検死書が出せなく、葬儀をするのも大変と言う。南三陸町には個人開業医の先生が二人と、町の病院があるが、正月休みで不在だったのだろう。救急なら石巻市の日赤病院もあるが、検死となると又別なのだろう。
大変な町になって行く。

志津川袖浜地区の「民宿の里」の今です。巨大防潮堤が広がっている。誰もいなくなった地区が広がる。地区民は高台に移転し、この億を超える防潮堤は、いったい誰を守るのだろうか。私は地区民の声を聴き、防潮堤の議論をしたのかと言うと疑問だ。
防潮堤を造らない事での、地区住民への防災対策費の名目で、補助を出したら地区民も同意したとも感じる。何のために誰の為の「巨大防潮堤」と感じる。

勝手な言い分の町の「エコタウン構想」が聞こえてきた。これ以上住民ヘの生活負担を掛けるのは、やめて欲しいものだ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター