FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

南三陸町の短所


現町政となり今年で17年目を迎えた。焼却場の建て替えはもう10年前にもなるが、こんな計画があった。現在の戸倉団地にあった「ゴルフ場跡地」で、当時50億の焼却場事業費があり、地域の自然環境への配慮で、銀ザケ・イヌワシ来年10月から国の消費税が「10%」となる。それと同時に南三陸町のゴミ袋が30円から「10円値上げ」される。現在町では「焼却炉」が無く、町のゴミの運搬費・償却費・焼却灰処理など、毎年数億の町の財源が使われている。ごみ収集やクリーンセンター管理も、管理委託制度で業者に委託し、町の財源を使っている。

現在は福島原発の放射能牧草が、大盤平地区(戸倉)への、土に埋め込む事業が戸倉水源地の影響を考え、町は事業の中止を決めた。事業の計画中止は今に始まった事ではなく、震災後の事業も二転・三転としての事業もあり、震災は初めての事業ばかりで、しょうがないとしても、これまでの政治の決断で多くの無駄を損失を招いている。八幡川の護岸周辺整備は、当初の約100億から1~2年の工事延長で、40億も多く国民の血税を要し、この中には町民の税金も使われている。
の養殖と生息地であり中止となった反面。「5千万円の金が流れた」との怪文書(チラシ)が回った。ダイオキシン問題も地域では不安から中止となった。
建設会社の土地の活用も裏があのそうで、反対の声が高まった。現在の黒崎の場所を使い建設を考えても良かったのではないだろうか。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター