FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

一生付きまとう財政負担


気仙沼市でも焼却場の老朽化の建て替えが計画されているが、場所の選定が難航している。新焼却場を互いの自治体の中央部に、人口割で焼却場の建設費負担で、経費を浮かせる事の必要性と思う。双方の自治体も人口減少の中にあり、将来を見据えた経費の削減がある。焼却場の建設費は国が半分の補助があり、残りが関係自治体の分となり、経費も50億だったら、町から10億の支出でできる気がする。

町の放射能牧草もその処分の先が見えない。酪農・肥育牛の農家の放射能稲わらは、今も農家の納屋に積まれていると言う。他の地域では「焼却処理」にと始まっている。一日1トンの処理で進み、今後は間違いなく無くなる。
多くの問題を棚上げしている南三陸町。病院経営の健全化、高野会館の今後、人口減少・少子化など、将来のツケとして益々増加する。問題の後回しは20年後の人口「6千人の町」に、現町政は何を残そうと言うのか。

震災の傷跡として「松原の海に倒れた防潮堤」や、南三陸産材の国立競技場の北門の活用は、南三陸町の町民にとって、何が財産なのかも判らなく、自分の栄光を残す事でしかない。町民にどれだけの恩恵があるのか解らない。

行政の政策批判は幾らでもある。議論する場で言いたいことは表面に出して行く。影ではなく今は発言の場を持っている。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター