FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

不均衡な佐藤町政


平成29年度決算に対し「反対」の立場で討論致します。

南三陸町の佐藤町政は、志津川地区と歌津地区の不均衡な、29年度における震災復興事業があります。
志津川地区に於いては国道45号の再建も終わり、被災市街地の再生も新たな姿が現れつつあります。
歌津地区はと言うと、メインとなる国道45号については、まだその先は見えなく、総合支所は規模の縮小や職員の削減により、地域の住民サービスの低下となり、世界に誇れる「歌津ギョリュウ化石」の保存に関しても、何の取り組みもありません。また、「歌津老人福祉センター」の老朽化対策も現在まで怠り、両地区に於いて住民の生活環境の格差を生んでいます。

佐藤町政の震災からの再生は、当然行うべき復旧復興事業は進んでいる中で、さんさん商店街の財政・環境整備支援があり、今度は「道の駅」まで志津川地区に整備と、志津川地区の一部の商業者や観光団体に、有利な国の事業活用の展開が見え、町民全体の為の復興事業の税金と利益が、活用されているように思います。
このままでは町民の不均衡な町政への反発が増し、町一丸・町民の将来への希望への思いが、南三陸町の「早期復興」を停滞させると感じます。警鐘を鳴ら意味を込め、平成29年度決算の提案に反対します。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター