FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

政治無法地帯に我が町が


一党独裁政治が今国政にあると思う。以前から我が町も同様な形成にあると、ブログで訴えた。選挙を終え益々強固な一党独裁になってしまった。今の行政に反対と唱えれば、あらゆる方法で抹殺を図る町になってしまった。以前は考えられない町政があるが、これも被災地ならではとは言いたくない。
「負けない心を持つ」がスポ少の指導目標にあった。自分がここで引いたら、行政に間違いは間違いと言わなかったら、巨大な敵に屈した事になる。自分の性格上最後まで戦いたいし活動を続けたい。金の為なら、自己の満足の為なら、何でもする人間の仲間には入れない。
こないだの選挙で「千葉はしない事をいっている」と、ある議員の周辺が言っていると、ある人から言われた。写真は戸倉地区に200戸の仮設建設で、プレハブ協会会員がある会社と、20㎝にもなる書類を地権者の了解を得て作成し、県土木部住宅課に申請にいった時のものです。戸倉の折立・西戸地区などの被災住民の仮設を、戸倉荒町にとの建設計画は、町長への申し出も「仮設は決まっているので受け入れられない」との答えだった。申請が23年7月1日で、その後に8月末に横山・南方に仮設が建てられた。
登米市への住宅建設によりも、被災町民の仮設は町内にとの、私の強い思いと考えがあった。結果的には町民の流失が加速した。
私はしない事を町民の前で「やった」とは言えないし、嘘をついてまで生きようとは思わない。これを言うと議員・政治家にはなれないと言われた。後援会会報の4年間の歩みに書いた議員活動の全ては、誰にも恥じない自分の行動です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター