FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

歌津老人福祉センターの調査始める


「千葉のぶたか目安箱」に、メール・電話・声が、ぞくぞくと来ている。町長は「千葉議員古いですね」と笑う。古き良き慣習は、残す事で社会の安定となってきている気が私はする。
「老人施設」と「デイサービス」について、現在調査中です。町内の福祉施設の在り方に、公平公正な部分を町長に聞きたい。

南三陸町の祈念公園は31年度末まで整備には係り、佐藤町長のホテルからの更なる提案・営業の支援も無く、観光客の足の交通網の整備も、町はホテルへの南三陸町を訪れる観光客の利便性に対し、何の支援もしていない。この町長の下では一部の仲間の為の、町の復興支援だけとしか、これまでの復興や事業所の再建でも、友達支援的な感じを強く感じる。

後三年間、徹底的に町長のこれまでの施策の、疑問点を追求し退陣に追い込む活動をしていく。現職期間は旧町から16年目を迎える。
長期政権の持続は町の疲弊と、公平公正な町づくりとはいかない。10年間の震災復興が終わると、地元建設会社が町から離れると、街中では噂が飛んでいる。何の為の町の復興なのだろう。町民が減少し、事業所が町から離れる。頭の良い、町への愛直の薄い等、将来性が無い町への判断が、町民の行動に現れ、震災後の町づくりの政策の失敗でしかない。大変に事業の震災復興ながら、広い視野が現町長には無いとの結果だろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター