FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

恋して愛して町の復興貢献


高校を卒業と同時に、卒業性は町外で働き、そこで出会った人たちと結婚をする。今後もこんな町民の生活で、どうして町の復興となるだろうか。高校生の意識改革と言うが、仕事も無い、女性も少ない、こんな町で町民同志の出逢いなんかなく、結婚は難しいのが現状だ。

私の婚活活動は3年前から続けているが、結婚したいと言うのは40代から50代60代の男性で、今まで結婚ができなかった人が大多数だ。これから相手を見つけるには、個人の貪欲な結婚に対する願望と行動しかない。女性が家を守り、そのまま一人でこの町で生きている人は、決して少なくない。

生活の拘り、世間体を排除しないで、将来への苦しい生活は改善できなく、寂しい生活が待っている。
それなら町外の結婚希望の女性を探した方が手っ取り早い。今年を最後の婚活活動をする。それに反応が少なかったら、町内の男性の結婚に向かわかなかったら、婚活活動は終わりと考えている。

両親の積極的な結婚への取り組み無くして、家庭の安定と結び付かない。「結婚しないなら出て行け!」、これぐらい強い対応しか残ってはいない気がする。

是非、両親にはこんなに可愛い赤ちゃんを抱かせてあげたくはないのか?

まだ生まれてから10日余り
「こんにちは赤ちゃん!」と言った感じだ
男の子で「颯真くん」
凛々しい顔の美男子だった

これで二人目となった我が孫
みんな南三陸町には残る事をしなかった

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター