FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

貴方は何様


国会議員の暴言が続く。同性愛が世間から認められつつある中で、性同一障害の人達にも世間の目は理解を増している。
自民党の杉田の発言に、耳を疑った。こうした心の障害で、一生懸命に社会で生きている人たちに、「LGBTは生産性がない」との発言は、女性議員なのに弱者を救う議員としての資格はない。また、二階堂幹事長の「自民党には色々な考えの議員がいる」との発言も、3分の2の絶対多数を得た自民党幹部の考えだろう。杉田は「日本維新の会」から「自民党」に入党し、2期目の議員である。橋下党首の下での「日本維新」は、党首の信念の元に、一時期輝きを見せながら、今は隠れ自民党の色が濃い。維新から自民の鞍替えは、自分の保身であり、長い物に紛れ込んだ典型である。考えや発言には、言ってはいけない本音を、自民党議員だからという思いが、にじみ出ている。こうした横暴な人間を国会議員に当選させた国民にも責任がある。

この問題が発覚した頃の朝、同性愛(ホモセクシャル)の二人が、NHKの「家庭の朝食」で紹介されていた。紋付き袴での結婚式は、少しの違和感の中で「こうした二人の愛」もある。国営放送でも伝え、国民が見守っていると再確認した。国民は平等に税金を納め、平等の配分を受けられる。この基本を理解していなく、弱者救済の精神を忘れ、混乱する社会の中で色々な心の病が生まれている。こうした議員をそのままにしておく自民党の、大敗の予兆を感じない、今の自民党安倍体制に問題がある事を気付かない状態は、安倍政権の末期と感じるのは私だけではない。

高齢化が進む中で、生活保護・保障制度が崩壊しつつある現代、国民の代表者である国会議員の行動・暴言は許せない。自民党の安倍総理率いる幹部議員の発言は、総てが自分の為であり、総理を守ると言う一点でしかない。石破、頑張れ!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター