FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

なつかしい「音楽の力」


昨夜も眠れずにNHKの番組を9時から2つを見た。途中からながら「ウィアーザワールド」の裏話しで、30年前のシーラEがいた。アフリカのエチオピアの国の動乱の中で干ばつから、多くの子供達が苦しみ死んでいった。
アメリカの音楽プロデュサー「ハニーベラフォンテ」が、米国の歌手に呼びかけあの歌が生まれた。
マイケル・シンディー・ブルーススプリングスティンなど、1980年代の歌手が集まった。このレコードは世界に販売され、5000億ドルをセイルスした。日本円で50兆円が音楽の力で、エチオピアの子供達の支援に送られた。
その裏でのプリンスの参加しなかった訳や、アフリカから2人の女性がエチオピアの現状を伝えた。一人がケニア出身で、国境を越え人々が隣国に来て、この困窮生活を伝えた。彼女はケニアから今はアメリカで暮らし、集まった有名歌手を前に話した。参加した歌手はその話に涙した。彼女は今、アメリカで暮らし使わなくなった「靴」「衣類」をアフリカに送る活動を続けている。65歳位の彼女は30年経っても、アフリカは少し生活改善されているが、今も飢えと戦っている親子の姿がある事を語る。

企画者のベラフォンテの活動は、全国へのレコードセールスがあり、5千億ドルと言われ、日本円にして「50兆円」となり、総てをアフリカの子供達に送られた。ベラフォンテはアフリカの苦しむ子供達と触れ合いで、「アフリカの子供達を抱きしめれば笑ってくれる」「手を握れば握り返してくれる」、この子供達を世界で守る事を訴えた。

私はこの町からできる事をするしかなく、今後もこの国の為、世界の為に何ができるのかを考えたい。プラスチックのチップの海洋汚染も、日々の中でゴミの自然への投棄は自分のできる活動と考える。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター