FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

亡くなられた方々に恥じない議会運営を


新聞によると新議長に星氏が選任された。
これで商工・観光中心での町づくり体制が整った。佐藤町長の描く主要産業が、今回の議長選任で南三陸町の町づくりは確定したように思う。
住民を高台へ町の中心地の産業は被災した市街地で、これで自分が描きたい町づくりに反対する、町政の監視役的な議会体制がねじれる事もなく、商工・観光中心の復興へと動く事となった。
大分前の志津川地区細浦の佐藤議長を思い出すが、間違っている事は誰であり、その在り方を指摘した。町政の取り組みは町民主体だった。こうした議員を私は理想としていた。自分本位の考えを町政に持ち込まない、こんな人たちが町政に参画する事を望んでいた。
南三陸町が大震災の中心的被災地となり、全国・世界から注目された。900名近い亡くなられた町民に恥じない町政・町再建をお願いしたい。
副議長には山内孝樹氏が選出された。
私は議長は歌津から出て欲しいとの願いがあり、三浦氏と思っていた。町政の為に町長に物申す人が出て、町は適切な方向性の元で、間違いのない町の再建が出来ると思っていた。戸倉の議長がこれで三代続く、これは町長支持の議員が戸倉に多い事にある。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター