「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

観光地整備に22時交付金を


志津川地区の高野会館には、ホテル観葉に宿泊する「教育旅行」の学生や、被災地の状況を観に、多くの観光客を迎えている。会館に続く「港橋」は、防潮堤建設の大型トラックも多く、橋の劣化を懸念する。また、交通事情も危険がいっぱいだ。それに対し町は何の対策も講じていない。
町に残った施設で多くの人が助かった会館、人をよびこむ場所であり、大津波の猛威を伝える事や、津波の高さと施設の残った検証など、高野会館の価値は図り知れない。

そんな中で、昨日のラジオ放送で、第21次復興交付金の配布額が決まった。宮城・岩手・福島と新潟県に「約40億円」の交付が決まった。13の自治体への配分額は、女川町に小中一体校の建設費として12億7千万円で、その他には石巻市の店舗付の災害公営住宅建設費に3200万円、福島のサケ孵化場の整備に4800万円が配分される。南三陸町はと耳を澄ますと、大きな配分額ではないのか出てこなかった。
宮城県の観光振興や、南三陸町に祈念公園ができるまで、慰霊の場所として屋上を設置すれば、多くの人達の記憶に残り、残った施設の価値は益々高くなる。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター