FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

南三陸町「復興祈念公園」構想


「まちづくり未来」の会議があり、「南三陸町震災復興祈念公園」の、要望に対する回答についてが儀論された。5年前? 奈良の大学の宮城教授の設計が、アリーナで説明されたが、あの時から何も変わらない。28年の11月から会議が実施されていない事に驚く。それでいて12回の志津川町づくり協議会の、「輝く未来づくり部会」だった。
祈念公園の構想に疑問を持っている私は、最初は「何も話すまい!」との思いは、他の被災地に比べ建設的な議論の無い会議に、一つ二つと鬱憤が爆発した。「なぜ慰霊碑を建てないのか」「震災で亡くなった町民の名前を刻まないのか」「歌津地区民も入れて議論しないのか」など、祈念公園の構想には、多くの住民を入れない、行政主導で、町民の意見など何処にも入る余地は無いようだ。
一番驚いたのは、こんな大きな津波を体験し、祈念公園の建設で、多くの来町者を迎えようと言うのに、「避難道」が新設されなく、既存の道路を利用しての非常時の非難体制だと言う。
首長は800名もの町民を失い、多くの観光客を迎えようとした時に、津波対策の無い町づくりに、南三陸町の悲劇は「起こるべきして起こった!」と再確認した。一日も早く新しい町のリーダーの誕生を期待する。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター