FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

私達は町ができる迄生きたい


志津川駅のロータリーのトイレの改修工事と設置を町に訴えた。議会での3回目の一般質問だった気がする。現在は土を運ぶ大型トラックの、方向転換のロータリーとなっていた。駅前の繁華街は今後も再建はない。私の仲間の店も荒地となっていた。
八幡川の西側の土地の整地は、防災庁舎の解体から一気に進む。河川堤防・国道嵩上げ整備があり、その後で祈念公園と自由農地・公園などが広く整備される。平成28年度ごろとなるようだ。この情報収集とその説明と、要望の行政への訴えていく役目を担いたい。
しかし、一般町民となり自分の情報収集・行政への発言の範囲は大きく減少し、志津川市街地の住民の「早期造成・住居確保」への発言は、若き新人が大きな役目を背負う事となった。行政職員の議員は町長寄りの面が強く、復興計画どおりと町長の政策支持にならうだろう。
志津川地区の議員は4人から二人となり、私の自負する現職・元職の住民サイドの議員は、今選挙の敗北は個人の力不足ながら、復興への方向修正を指摘する人が減ったと思う。力の減少を復興の遅延と言う訳ではなく、小さな住民の声を町づくりに反映させる事が必要で、弱者の声は36歳の若き南三陸町会議員にお願いしたい。
入谷地区で「選挙妨害があったよ」と、噂が私の耳まで届いた。私には何もできない。厳正な選挙と警察の選挙の取締りの強化があり、前町長でも2人が検挙取り調べがあったが、「証拠不十分」で釈放となったと選挙後に聞いた。立件には現行犯と贈収賄の双方の検挙と、その実証までとハードルは高い。捕まらなければ何をしてもいいのか。
選挙敗北の一つに「本浜町の行政区の活動に欠けていた」がある。津波で地区民がバラバラとなり、町外・町内の身近な方に支援はしていたが、すべての方々への活動不足が欠けていた。
大変申し訳なく、全部は結果論であり、今後の目標に「本浜のコミュティー再生」に小さい力ながら活動していきたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

このブログまだあったの?もう、閉めてはいかがでしょうか?
本浜の再生は新人議員に期待しますので、あまり邪魔しないほうがいいと思います。
4年後に期待しております。


プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター