「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

石巻日赤まで35分


仙北の中核病院としての役目を担う「石巻日赤」に入院していた二人、どんな状況かと心配し、「面会申請書」に項目を記入、受付に提出し許可証を頂き病室へ行く。
社長と呼んでいる為、正確な名前が判らず困った。「何階なのか?」も知らず病院に来たものの、知人に電話で聴き、だいたいで提出する。面会の注意書きに目を通して「チェック」を入れ、4階へのエレベーターに乗る。
日赤病院に一つ注文をしたい。網膜剥離で視力の低下から、面会申請書の書く場所は、私に取っては暗すぎる。一か所くらい証明が明るいと助かる。また、「老眼鏡」も置いておくだけで多くの人達が重宝する。

日赤は4年ぶりだろうか。糖尿からの網膜剥離で2回の入院をしているので、だいたいの病院の状況は判っているので、院内の部屋を探すのは容易かった。
親戚の叔父は入院から2か月と2週が経つ、4人部屋で「最悪の状況」を考えていたので、ベットを間違えた。「きっと顔もかわっているだろう。」との、勝手な予測からだ。聞き覚えの声が聞こえた。大分痩せたが以前と同じ姿の叔父がいた。医療の進歩は凄いと実感した。看護師の接客も以前と同じ、親切で丁寧だった。
多く人からの情報から、「くも膜下出血」ので、機能・意識・記憶の障害がこれまでにはあった。年末に聞く話に、石巻日赤病院には「脳外科」の名医がいると言う事だった。家族も早期の異変発見と迅速な治療で、現在は何の障害も無く、現在普通に生活している。

もう一人の方も、救急で南三陸病院から石巻日赤への搬送で、大事には至らなく3週間目の今は、「わざわざ申し訳ない。」と、私を気遣う事のできるまで回復していた。この病院なら、こうした町の救急体制なら、町民の命を少しでも多く町民を守れると思った。南三陸海岸ICから、100K前後の走行で「35分」で、日赤まで到着する。この事からも「命の道」としての三陸道も大きな意味を持ってくる。
これ以上町から、「佐藤町長に意見を言える人」が、居なくなることは大きな町づくりの弊害となる。「良かった。」これが私の実感です!」

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター