FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

佐藤町長の復興計画に町民が「ノー!」


志津川地区の「中央団地」の、一般公募の建設内容の変更があり、2区画の100坪で200坪を地元の事業所が、水産業の従業員の宿舎とする構想が、町長と事業所の思惑の合致で、残った土地活用があった。町の復興に資する事業なら、復興交付金を使い、事業所にも建設費として、県から2000万円・町から1000万円が補助される。同じ事業所は震災後にアパートも既に建設し、震災による再建補助も得ている。一部の会社を優遇する、事業の補助のアドバイス? こうした裏での動きを勘ぐってしまう。アパート建設にあたり、建設ごとに何度も補助金なら、一回だけの補助とする事も、国民の税金の公平な活用となるのだか。今後行政に正していきたい。
「李下に冠を正さず」と言った。佐藤町長の発言はいったいなんだったのか? 復興の為ならなんでもありか!

中央区の2区画でのアパート建設の議会での「補正予算」の討論に、今野議員が質問で行政の当初の入居の要綱の変更を問いただした。関連や別角度からの質問は、さすがとしか言いようがない。私が落選してから議会を若手が大きく変えていた。
4名の議員が地区民からのこの問題を聴いているものの、「高台移転(防集)」「町づくり」などの議論で、私なども質問をするつもりながら、今回の議会中はできなかった。昨日で議会も終わり、この問題がどうなるか心配だ。地区民の動きがカギながら、町は町民の不安を取り除く方向は描いていないようだ。すでに東地区は集合住宅(アパート)が、区画を確保して建設へと進み、従業員が外国人か否かがその問題の根底にもある。従業員の国内での生活の秩序を指導するのも、雇用事業所の重要な役目としてある。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター