FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

選挙分析をしてみてわかる


「町民のみなさんと笑顔の花を咲かせましょう」を選挙の中で掲げ、選挙運動も復興に向け一緒に頑張りましょうと笑顔で訴える。
南三陸町は志津川も歌津も一体で、入谷・戸倉も同じで復興に向かいましょう。と全ての仮設を廻った。しかし、現実は各地区の議員が当選し、4人いた志津川地区の議員は2人と半分になった。
志津川地区は良く言われる。「戸倉・入谷・歌津の出身の人の寄せ集め」と、それは地区から志津川に嫁ぎ、場所を志津川に移し生活している人が数多くいるからだ。
私の支持者はみなし仮設にいて連絡も難しく、投票行動も場所までの移動が大変と聞き、既に町外へ移転してしまっている。及川さん・村上さん・佐藤さん・佐々木さん・三浦さん・須藤さん・鈴木さん・佐藤さん・・・等があり、多くが町から去った。また、亡くなられた方も沢山いる。三浦さん・高橋さん・鈴木さん・昆野さん・渡辺さん・西條さん・堀内さん・・・等、多くの支持者は今町にはいない。
23票差の3倍以上はあるだろう。新人としての得票もあり、前回は「490票」もその中の貴重な指示の結果があった。志津川町民の流失の現実がここにあり、震災で私の支持者の減少が最大の結果であり、この上での「286票」は議員としての活動が認められ、少ない親戚縁者の支援と結果と受け止めている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

町民の公正な審判の結果

どこまでも自分勝手な分析に呆れます。だから支持者も同級生も離れていったのではないでしょうか。現職の評価は選挙がすべて。あなたの議員活動は町政や町民の足を引っ張っていただけ。あなたの4年間の活動が否定され落選したのです。被災で選挙地盤が崩れたのはみな同じ。
ブログで町長の悪口を書くよりも自分の活動を猛省することをお勧めします。

良識ある南三陸町民

「批判をしても何も進まない。」中学生のころ先生に教えられたことを思い出します。あなたのブログや議会での行政批判だけしかない議論?に良識ある南三陸町民の心をつかむことが出来ないのは当然です。地域から信頼の無い議員、持論を実現できない議員はもう必要ないのです。猛省しなさいというコメントがありましたが、猛省より永久に引退すべきです。
プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター