FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

生活困窮者拡大と町職員の数


昨日までの大雨から今日は「晴れのち曇り」と写真撮影日和となった。中央区の災害公営住宅「D棟」の4階から、御前下地区の風景を撮影した。「まだ義援金の住民支援はあるのですか?」と住宅居住者に聞かれたが、今の私には行政に問い合わせる事もできない。

復興には被災自治体に復興再生経費以上の交付金が流れている。住民はと言うとすずめの涙ほどの支援金で、自己の財産を切り崩し、つつましく生活を町で送っているのに!

町の災害公営住宅の家賃に不備が見つかった。家賃の請求が生活者に送られていない事の調査中に発覚した。全世帯に請求ミスがあったと言う。あまりにもずさん過ぎる行政の体質に「気のゆるみ」がトップにあるとしか思えない。専門の職員を5人配置すると言う。この報酬は町民の税金で支払われる。
「想定外」から震災復興は始まった。「亡くなった職員の為にも町の再建に頑張りたい」と町長は話した。多くの町民が亡くなった事に対し、謝罪も反省もないままで、震災復興の遅れと無駄遣い的な国民の税金を使っているように感じる。
前定例議会の中で16年目となる町長への立候補を表明している。我が町の町民は寛大な気持ちの持ち主が多く、多くの震災後の問題発生にも、後ろ向きともとれる町の再建に対しても、現職を否定する住民は少ない。長期政権に対抗馬の名前は今回は出てこない。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター