FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

防災庁舎と商店街


長期政権は「なれ合い」「強権主義」を生み、モラハラ・セクハラ・パワハラの温床となり、町の今後を考えれば、これからの若い世代が町づくりをして行くべきと私は思う。どうにもならない町になった時では遅すぎる。首長の後継や教育も図らないままで、町は進んでいる。将来への負担を若者達は理解していないだろう。華やかさばかり、復興と言う名の元に、佐藤町長のカリスマ性に踊らされている。彼が起こした結果を「風化」させる事無く、政治の検証も大震災の多くの悲劇の原因も追究しないと、町の負の部分で、町は再度消えてしまう、危機感を共有する事が大切だと私は思う。

3月議会で佐藤町長は南三陸町の4期目の出場を発表した。志津川町長1期を含め現在まで15年間の首長を続けている。震災からの復興を進め道半ばで辞める訳にはいかないと話す。三陸道の延伸・商店街の完成・住民の生活の場完成など、これまでの政府の政策を、自分の成果と勘違いをしている。国の被災地の復興の為の交付金による物で、その予算の使い方を議会と共に決定しただけと私は思う。住民は町を離れ、子ども達は減少し、商店街の盛況も何時まで続くのかと、町民は冷ややかな目で見つめている。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター