FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

南三陸町長の政治活動と政策に疑問


今日の地元紙に「南三陸町長、高校生にエール!」の記事があった。選挙運動が始まっていた。18歳の選挙権と、地元に愛着と、多くの人達に感謝は高校生なら既に理解している事である。いま何をと思うと来年の町長選挙の為と勘ぐる。気仙沼市や石巻市ではこんな首長の活動は無い、良いか悪いか考えた時、南三陸町の現状を伝える意味では素晴らしい事だろう。しかし、現在の復興途上で問題山積の南三陸町にとっては、「別にする事が沢山あるだろう。」と思う。トップの「行政運営に問題有り!」と常々思う私には、自分の為がその比重を占めていると、疑った考えがよぎる。住民の再建は生活場所が確保されたから終わりではなく。今後の将来への生活の不安を取り除く事が、自治体トップの大切な活動である。

将来の町を考えた町づくりと南三陸町はなっていなく、復興交付金による町の再建は、原形復旧とは程遠く、大きな建設工事と町の復興は建設特需へと利用されている。震災で仕事が生まれ、被災者住民の再建支援の為と言う目的と強く主張する。河川堤防の整備は最低限良く、高齢者・人口確保に町の再建事業にあたるべきと思う。主要道路は10mの嵩上げで、経済の運搬体制は確保ができている。どこか震災を利用した建設族議員の力が働いているようだ。団体政治献金の温床がこんな所にも見え隠れする。
将来に可能性を秘めた、子ども達が安心して暮らせる町の創造を第一に、町づくりにあたって欲しい。なれ合いやお仲間政治に終止符を打たないと町は変われない。

町の介護保険料が上がり、上限に達していると先輩が言っていた。高齢者率が高くなり、生活弱者から財源を確保しようと町はやっきた。一般への高額医療の9万の負担を比率があり、高齢者の負担率を上げようと政治家は舵をとっている。各自治体の財源の確保に、政府も舵を取ろうとしている。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター