FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

公正な選挙の厳守の中で


選挙の下見に狭い道路に分け入った。
写真は旧志津川小学校の跡地裏にある神社です。何故ここを言うと、津波襲来の時に、町を飲み込み、神社から津波が山沿いに駆け上がった光景が、今もその記憶に鮮明にある。
昨日の選挙カーの検査は、規制に則り公正に厳守し行いますと、警察の検査官が言う。4年前の選挙と同じ車の看板ながら、今年は看板の長さを厳守し、4面が長さ規制により、4隅をカットし申請のクリアができた。他の候補もこの対応に1時半から4時過ぎまで掛かった。
選挙も勿論「買収」なども厳しく取り締まって頂きたい。投票は将来の子供たちの為であり、それを担う町長・議員を選ぶ選挙、候補も真摯に、町民も真剣な選択をお願いしたい。
選挙カーの運転が申請免許が無いとできなくなり、9名の予定者をしていたが、3名だけの準備しかできず、私を含め身近な人を3人お願いし対応した。来客や東京からの応援対応に10時過ぎまで掛かった。昨年もこんなに厳しくは無かった。
選挙の訴えの重点には、町民の減少の流出阻止の「早期土地造成」「早期住宅再建」であり、「雇用の場創出」の取り組みと、被災町民ならず働きたいと言う方々の、雇用支援に取り組みたい。その受け皿としての行政制度・意識改革をしていきたい。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター