FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

南三陸町の4月の出来事④


フェイスブックの岩手の佐々木さんの言葉があった。
生きる事の大変さを痛感する今、将来の子供達が地方で暮らす事の大変さ、そして高齢者の不安が募ってくる。

「南三陸町4
◇志津川新魚市場は6月共用となるが、1ヵ月早めに完成する見通しだ。高度衛生管理システムで、特産のサケやタコなどに付加価値向上が期待される。今後はサンマやマグロ船の誘致も図っていく。
◇戸倉保育所に徳島ロータリークラブが、高校生の力作の遊具を寄贈した。
◇志津川高校は春季県高校野球の、東部地区大会で準々決勝へ進んだ。
◇南三陸・気仙沼での「経営未来塾」が24日、第5期生の20人が半年間専門的な指導を受け経営者として、なりわいの復興を目指す。これまで第4期まで66人の塾生が巣立った。
◇26日仮設住宅の「集約」について、町と行政区長・連絡員の会議がもたれ、志津川・戸倉・入谷・歌津4地区から80人が集まった。町の示す集約計画に異論はでなかった。
◇南三陸町はふるさと納税の返礼品として「クーポン券」を5月から追加する。東日本大震災が風化する中で、町内の宿泊や飲食に使える。また、町への誘客と交流人口拡大による地域経済の波及効果も期待する。
◇南三陸町の農水産業・商業支援としてはじまった「復興市」の5周年記念として「ホタテまつり」を24日開催した。
◇南三陸町歌津地区で27日、伊里前保育所の落成式が開催された。定員を60人から70人と待機児童が出ないよう施設を整備した。地域住民の子育て支援を担う拠点施設となる。5月9日から、0歳から5歳までの64人が通う。
◇南三陸町は前副町長の遠藤健治氏(68)を震災の経験を活かしてと、熊本へ派遣する。
◇春の叙勲に南三陸町から二氏が受賞した。消防功労(瑞宝単光章)に志津川廻館の佐藤久夫さん(76)。専門工業務功労(瑞宝単光章)に入谷桜沢の山内昭二さん(69)。
◇南三陸町では、昨年まで完成している入谷・名足・枡沢・伊里前・戸倉の5地区で244戸の内、35戸が空き室となっている。町は今後、被災者以外の入居も検討していく。
(終わり)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター