FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

被災地の現状に危惧ばかり


震災直後から二酸化炭素のオゾン層の破壊による、気候異変への行政に準備と対策をと言い続けてきた。2011年の震災の年も大きな台風・爆弾低気圧により、自然の猛威に町は混乱した。道路の冠水は地盤沈下をした市街地全土に影響を及ぼし、交通のマヒへと発展した。
防災対策本部のトップの天災への危機感の欠如を私は常々思っていた。チリ津波の大災害を将来への警鐘ではなく、観光への転換を模索し実施ていた。今回の大災害でも復興よりも商工・観光の面が大きいと私は感じている。
現在また太平洋上に台風が発生した。今回の伊豆大島の一時間に120ミリは、13名の死者と50名余りの不明となっている。島民はこんな事は経験した事がないと口々に言う。山に覆われ海岸の狭い地区への町の形成があった南三陸町、大雨による造成地の赤土の山肌のもろさが心配でならない。
気候の安定している季節に、工事の加速と危険な場所の対策を講じていく必要性を思う。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター