FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

一人ひとりの遺族の悲しみは防災庁舎が存続するうちは消えない


遺族の悲しみはこうしてメディアに取り上げられ、防災庁舎がテレビで映し出される事で、また悲しみの再現となる。遺族の母の「あそこを見るたびに悲しく辛い」との涙と言葉に、私もブログで「防災庁舎」の写真掲載に罪悪感を持った。
「保存」「解体」の議論は遺族の為ではない所に話題が移った。村井知事の「県有化」は県益の為であり、震災遺構を後世にという事や、防災意識の風化防止を図る為である。と言うが、解体し無くなっても、そんなに町の復興には関係しない。町の疲弊は進み観光客も何時までも来町する事はない。いまの殉職家族の心を癒す事が、行政職員のトツプとしての役割である。また、「自分たちの為に町長は生きて欲しい」との同じ屋上でした、職員の肩車にその気持ちをくみ取る。それなのにその家族への仕打ちに私は許す事はできない。町外の人間が「保存すべき」の意見や言葉に、真実の職員の行動への気遣いは無い。行政は職員の家族の意に添う防災庁舎の在り方を考えて欲しい。
雲仙普賢岳の大火砕流の火山灰に埋もれた姿の保存を議会総務常任委員会の視察で思った。20年目を経過してメディアも当時の惨劇を報道で流すが、家の埋没と観光地として、大切に火山灰の家の世帯の了解の元で保存していた。
防災庁舎は町長・知事の物でもなく住民の物で、人として職員の防災活動での亡くなった場所、何も無い鉄骨の遺物に何人の来町者とお金が町の落ち、住民サービスにプラスとなるだろうか。財政の厳しい町にとって県有化に、町の再建経費負担を県に負わせる為の、町長の住民意見のせいにした、「県有化」保存への目論みにしか感じない。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター