FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)


今日の最大の用件は、歌津に「慰霊碑」が建立された事に参加する事です。歌津駅の裏山に建てられた「鎮魂の丘(森)」に取材に行き、そこには100名を超えた町民が居て、メディアの取材・カメラも沢山いた。地元の西光寺と津龍院の方丈様3名による、入魂式が厳かに執り行われた。
歌津市街地と歌津湾を見下ろす、山の木材が伐採された跡が未だに残る場所に、建築家「安藤氏デザイン」の、慰霊碑・鎮魂の丘・花を植える整備をして、皆さんが誰でも手を合わせられる場所を造った。旧歌津町の津波による殉職の人の数だけ、桜の苗を植えたと言う。その数「15本」でこれから毎年「桜の花」で、慰霊の丘を彩って行くと言う。
歌津地区の亡くなった家族の事を後世に刻み、119の名前が今後も語り継がれれば良いと話す。
議会の「小野」さん「小野寺」さん、そして若い町職員の「井上」君「三浦」さんの名前に、当時を思い悲しみを新たにする。他にも知る人たちも多くあった。
お母さんが近寄ってきて、娘の夫と子供、嫁いだご両親の四人を無くし、娘はこの町ではいやだと町を離れて暮らす。町長の事在る毎の態度に「一喜一憂」し、その態度と考え方に激怒する。
私もこの「憎しみが優しさに」変われそうもない、多くの時間を要しても無理で、この町を離れる時が「どうでも良い」と思えるのかと考える。
旧志津川町民の慰霊の場は、祈念公園が整備された時と思う。慰霊碑建立の前に、高齢の両親は手を合わせる鎮魂の思いを表す場所もない。歌津への慰霊の丘へと言いたいが、正面からは足場が悪いが、裏から車でも行ける。役場の職員を一人だけ見た。町長も議員も歌津だけで、他の人たちは誰も見かけなかった。町内に遺恨を残す行政の態度と行動は私には理解できない。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター