FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

被災地「南三陸町」のアパート情報


南三陸町にアパートが全て埋まり、ない事を知り、その場所を登米市に確保していると言う。
被災地に止む無く生活しないといけない人達は、派遣職員・建設会社社員・教員など、その住いの確保に苦しんでいる。戸倉荒町・林・沼田・旭ヶ丘など、10軒くらいは町にアパートは建っているが、総てが埋まっている。みなし仮設として沼田にもアパートがあり?被災者は暮らす。
沼田の入口の交差点の信用金庫の隣りも造成が始まった。誰が何を立てるかはまだ分からない。
CIMG0673.jpg
運送屋さんから海苔屋さんへの道路がある。その通りの奥にも知らない内に家が建っていた。町の造成を待てない人たちが住宅再建に動いているのだろう。
私の知人に不動産屋がいる。「アパートないの?」の問いに、「あるわけないよ、今言っても」と言う。アパートが建築になると直ぐに住人が決まっていると言う話だ。
私に以前、商工団地の土地にアパートを建てる計画はないのか? と聞かれた。今なら土地は高値で売れると2・3年前に話していた。この時から、被災地「南三陸町」のアパートの厳しい事情が始まっていた。知っている人たちはいち早く行動に移していた。しかし、良い所あと3年か5年と言っていた。町はいったいどうなっているのだろう。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター