FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

いま、何をしないといけないのか


東山の下から天王前・天王山・新井田を望む。志津川の中央団地がこの先にできる。造成地・三陸道の残土を被災地に持って来て、嵩上げかと思いきや、また削り取り別な場所を持って行く、こうした事が幾度となく、被災地「南三陸町」で繰り替えされている。
今日、私と意を同じくする方が、「町の復興計画に意義あり」と言う。南三陸町の人口流出に行政職員・町長自らこの町に留まるよう働きかける事こそ今必要だ。町を出る方の情報は多かれ少なかれ町にはある。その情報を検収しながら、人口流出歯止めにトップ自ら動く事で、ひとりでも町に残る人ができる事こそ、今やらなければいけないと、意見の一致を見る。
志津川地区の3地区も40区画前後の、土地希望者が町の土地を必要としなくなっている。今日配布の「復興町づくりニュース」に町内11カ所の防集の土地が、56区画の入居者予定の土地が残っているので、募集している。
今年掲げた町の最大の課題として「人口流失阻止」があるが、政策をしていると言っても、結果が何処にも出ていない気がする。登米市への住民の移動は今後も進みそうだ。私の知人も現在町内に土地を造成し、3~4か月ぐらいで家が建てられると言う。志津川地区の三地区の高台の造成は、どう考えても今年・来年度と遅く、病院・役場の建設以上に早期造成をしないと、まだまだ流出は続く。
役場職員の登米市などへの住宅建設もあるので、住民の流出を行政は何も言えないだろう。この町で生きると言う人の為にも、行政の人口増加策に期待するしかないのか。安心して欲しい私は70歳のローンの完済までは、志津川を離れる訳にはいかない。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター