FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

今も未来も住民は生活は苦しく


気仙沼市の災害公営住宅の一か月の家賃が、住宅の建築費高騰で、政令収入の超過者が「16万円」を超える住人も、南郷住宅の一桁の住人が入居3年以上から出て来るとの記事が、地元紙の見出しにあった。「ウッソー」と思った。
我が町でもこんな額とはならないまでも、最高で以前の説明会で7万8千円だったと記憶す。被災地である事と建設条件は同じ、一時期の減額・優遇が家賃にあっても、将来的には町の財政収入確保の元として、総てで増額となる事は決定している。障害者・生活保護家庭などの優遇があっても、高齢者とて家賃は上がり、住みにくい町になって行く。

懐かしいあの町はどこにも無くなる。復旧復興計画の中で新しい町づくりばかり目立ち、町として南三陸町の志津川・歌津・戸倉の壊滅した地区は、守るべき思い出は二の次ではある。もう何も亡くなっていく。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター