FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

一日も早く


27日の河北の報道に町の姿を見る。
9月26日現在の住民意向調査の結果が発表されたとの記事。町が被災し再建の方法は、住民の中で個々に進んでいる。町の被災世帯が3071世帯あり、これまでは629世帯が「まだ決まっていない」との回答で、2割に達していた。震災から3年半が過ぎるのに決めかねている方々は、今回も「98世帯」いた。入院している方など諸々の事情があるようだ。
昨日の「中央区検討会」があり、今日は「防災集団移転説明会」があった。傍聴で聴くと工事の進捗が思ったより早く、前回の30年当初の土地造成も、28・29年の完了との報告があり、災害公営も28年度内には全ての集合マンション・戸建ができ、早い者で28年の4~6月までには入所と言う。こんな嬉しい行政からの報告は近年ない。
公営住宅へのペットと共に入居が2割あり、その対策もしっかり計画にあり、高齢者・障害者などの福祉入居にも、優先順位で住まいを考えていた。

町長が10月2~5日に「台湾に感謝」を伝えに行く。病院の建設費に22億5千万の義援金が、台湾赤十字からあったと言う。随行には観光関係者が参加する。女性が「おもてなし」に活躍する時代となり、グロバ―ルな観光戦略に町として取り組むと言う事なのだろう。あとはオ―ストラリアに随行した総務課長だろうか。気心のあった職員と体を休めに行く?

復興推進課長の及川氏をしばらくぶりで、町民の集まる場で挨拶を聴いた。町長が来てくれたら住民も喜んだ気がする。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター