FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

祈念公園用地tが当初の4分の1に


東日本大震災で犠牲となった「800名余り」の南三陸町住民を、慰霊追悼する場所して、防災庁舎跡地に「慰霊の丘」などの整備があり、記念公園の整備に町の要望の24haから、ついこの間まで15haになり、こん議会により「6haに縮小」になった事が報告された。
費用対効果としての祈念公園の面積が、国の予算として管理補助が難しいと、町の要望が認められなかった。この災害の「記憶慰霊碑の建設」が、軽んじられる、国の判断と行政の要望が取り入れないから縮小となり、今後も行政は国に予算の増額を申請すると言う。しかし、国も1200兆借金を抱え、国の支出は難しい。
何としても犠牲者に報いる為、町長に町づくりを託し命を落とした職員の為に、町として町長として、災犠牲者に報いる努力をすべきと思う。
CIMG8466.jpg
一般財源が決算特別委員会で「黒字」にと新聞は報道する。基金として復興交付金が使われない分を積み立て、その予算があり黒字となったと判断する。復興事業の予算の執行に「入札不調」など、事業予算は付いたが消費されず、明許繰越、・事故繰越として、財産の処置がされた物と思う。一般財源が黒字と言うなら、西岸の整備費を町の財源から捻出する事を考えるべきと思う。

昨日観光協会の人事で、会長他4役が決まった。聞いた事のない名前が連なっていた。前会長の退任の策略があったと、中身に詳しい町の重鎮が話す。町の運営形成はおかしい方向に向かっている。そこの住民の意向とは程遠い町の勢力が見え、一人の勢力の拡大に思える。独りよがりの政(まつりごと)は政治崩壊となり、被災地の再建の失敗は、町の破たんへと繋がって行くように感じる。

町の現状を南三陸マイタウン情報「31号」で伝えたい。

マイタウン31号_ページ_1
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター