FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

これから何かが町に起こる


昨日海岸線の市場に続く道路を通った。我が家の自宅も嵩上げが始まっていて、親戚は「何処が昔の家の場所か判らないな」と言った。私はちゃんと知っている。水門の切れ目の道路からまだ残る真っ直ぐな道路の右が、家と工場のあった場所だ。
どんどんと志津川市街地の嵩上げがされ、町では旧市街地の景観の記録を写真保存と、暮らしの記録をしているのだろうか。

私は志津川の市街地再建で、元の土地の10M嵩上げの土地の上に換地をするので、昔の想い出をまだ残せる気がする。残った目印の水門もあと2年で、市街地の再生の為に海岸道路と共に無くなる。私は昔の土地で昔のような自然の景色と共に生きて行く。
林から荒島をしばらくぶりで望む。海岸線を守る防潮堤の修復工事が進んでいた。ここから島までは津波の襲来で、引き波により海底が全部見えた。河北新報に林の方が投稿し掲載された。この光景も信じられない唖然とした事を今も思い出す。100年に一度の大災害が私の生きる時代にあり、申し子として私は今後も、この事を語り継ぐ義務を感じる。今は「語り部」に表面に出て頑張ってもらいたい。しかし、間違いなく津波と共に人生も終わる予感がする。
日曜の三陸新報には、南三陸町佐藤仁町長は「防災庁舎解体に変わりは無い」と言っていた。政治家の裏と表は自己の戦略性が発言にはある。自民の内閣改造の舞台裏のやり取り、拉致被害の韓国の政治利用と言い、何処に真実があるのか良く判らない。「正直者は馬鹿をみる」、こんな被災地の状況が続いていると私は毎日感じている。ズルく立ち回れない自分がいるから。小悪じゃダメなのかな? やっぱり正直の方がイイ!

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター