「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

輝く


昨夜6時30分から町づくり協議会の、次の段階と言う「輝くまちづくり部会」の一回目の会議が行われた。仙台から帰り残った仕事を片付け、急いで会議に参加した。
メンバ―の構成員は20名で、30人と予定していた中で、10人の減少の意味が何なのかを考える。構成員の若返りに「私たちの町を自分たちで考える」、こんな意欲を感じられた。
八幡川の階段の整備で、川との「親水性」を考慮した構想がある。左右4カ所を階段にと計画はあった。多くの部分を階段にとの構想と思っていたら、一部分のように私は感じ、灯篭流しやかがり火祭りなどに考慮した河川の活用があった。
隈氏の志津川の市街地のグランドデザインには概ね賛成とのワ―クショップでの反応だった。多くのプラス希望が会員より出された。気になった班よりの希望があり、「子供たちの遊び場」「観光客よりも住民の利便性を」「高齢者に優しい町づくりを」「学校への通学路の整備」・・・など、自分の家庭生活から考えられる、町づくりの希望があった。
隈氏の構想は観光を中心に、住民が来町者と交流できる町、足で歩いてもらう事を主眼に置き、デザイン性を重視したモダン・近代的な市街地の整備があった。「もっと住民が生活しやすい町に」、が若い構成員から出された事に驚かされた。広場の幾何学的な構造物よりも実用的な形に等、現実的な生活の場を造って欲しいがあった。

私が大きく平均年齢を上げていた気がする。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あなたの悲観的な物の考え方では輝くことはできないと思う。自分の社会的立場、年齢をわきまえた言動、行動を良く考えたほうが良いのでは。
プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター