FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

被災地となって町の観光の先導者が決まる


観光協会の使途不明金の発生があり、観光協会臨時雇用の一人の職員が、前年度末に返金し退職した。
観光協会の25年度総会の席上で、新役員の人事が決定されないままで数か月が経った。こないだ得意先に行った時、「観光協会会長さん・・・に変わったんだってね」と言う。前会長は「南三陸ホテル観洋」の副社長さんだった事は有名だが、今回は留任とはならなく、海産物会社の専務がその職を引き継いだ。通常ならば観光協会福会長が継ぐべき職ながら、何かが町民の知らないうちに起こっている気がする。

観光の繋がりや観光を熟知している方がこの役職に適任で、全ての事を考えればまたの留任が適任で、震災直後から被災者の救護・宿泊など、町民支援をしていた。本社は中国へ水産品も輸出し、現地の工場もあると聞く。また、中国人研修生制度を活用し、中国とのパイプも太い。
震災からの復興に町では「外国人誘致」を進める中で、町とホテルとはどんな関係になったかは平民の私には知る由も無い。

町は震災前からホテルの入湯税を半分しか徴収していないがあり、今後この問題もどう変わるかも興味がある。他にも「銘銘権」のごたごたもあると聞く。どこかで良好な町との一企業の関係がおかしくなっていると懸念し、震災復興の途上でマイナスの分と私は考える。
町が「復興交付金」と言う大きな資金力を、自分の力と何違いしている気がしてならない。残された6年半での町再建は、元の賑わいを取り戻す事はできなく、町開きで何が町の復興かと思う。

外国人観光客が何を求めているかをテレビでやっていた。「自然の日本」「人との交流」と言う。人口的に形どられた都市に魅力があるかは、今後の集客結果しだいだろう。グランドデザインの構想料が「1800万円」だと、新聞情報で読んだと父は話す。町と観光協会は農家民宿・漁業民宿の開拓を進める。山里の暮らしの体験型の観光交流を進めている。「建設会社が農家民宿に取り組む」、こんな話も聴くが、大きな町からの支援がないと、この取り組みは難しい。町がどこを目指すのもいいが、不公平な間違った権力の行使だけはあってはいけない。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター