FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

前略 南三陸町さま 2


「えー!」こんな声が返ってくる南三陸町の「災害公営住宅建設遅延」、28年度には仮設からの脱却ができるとの夢が打ち砕かれた。震災から災害公営入居を決めていた住民への30年への遅延の報道があった中で、行政の説明は「期間までできません!」と簡単な説明しかなかったと言う。「ここで死にたくない」と、ささやかな願いにも、しっかりとした説明なく、「できない」だけの言葉に、住民は納得できるはずもない。

また、お世話になった方が亡くなった。震災で仕方なく町外に出た住民、住民基本台帳にないからと広報への死亡の掲載はない。これに意義をもった町民の要望を伝えに役場へ行った。震災から町を離れ住所を他所に移した方は、町の住民基本台帳から抹消され、今、住む町の住民となる。好んで町を離れた訳でなく、やむなくの行動ながら町の仕事はマニアルどおりだ。被災後から混乱の中の住民サ―ビスで、規則どおりの業務があり、今まで続けて来た業務内容を変える事は、公正公平を欠く事になる。異常な時だから「制度を変え住民の願いを」との要望も、住民の更なる混乱や行政への業務の影響など、この要望は難しいと言う。南三陸町で暮らし町の為に尽くされたことへ報いる為に、行政サ―ビスとして叶えて上げたいが、聞いた幹部職員も言う。震災復興への歩みの中で、公平の面からも難しい。と多くの理由を説明され、行政の大変さを聞いた。窓口での住民への対応を親切丁寧に、住民要望に職員が、寄り添い納得してもらえるよう説明する事の大切さを、お願いした課長は言う。そのままの行政の話を、要望のあった住民への答えとして昨日もらった。

知人からの言葉は切々なもので、「なんで病院あるのに」「住民生活整備はその次なの」「壊して造る意味はあるの」と言っていた。また、こないだ開催のコンサ―トに同行した団体が、「1億円私たちは南三陸町に寄付しました」との説明に、行政は「匿名で!」との支援者の希望があるとの事で、義援金の相手を今も発表はしない。だから住民は義援金への配分に疑問を行政に持っている。そして、支援頂いた方への住民の感謝の気持ちを伝える事もできない。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター