FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)


歌津港の防災集団移転場所に、もう平屋の形ができていた。どの坊集もだが土地さえあれば被災者の再建は始まる。知人も来年に土地が確保でき、昨年の内にハウスメーカーとの建設契約を締結させ、土地造成で直ぐに工事が始められると言う。昨年の契約だと資材も当時の値段でイイと言う。
昨日はグループ補助で建設を進める知人と会い、情報収集のため少し飲んだ。その建設費の高騰の話しを聞き、自宅の建設費位の上乗せに驚いた。国の補助事業は資材の高騰分も考慮すると言う。被災地の事業再建への国庫の支援は安心と言う。明日は私のグループの代表として、気仙沼に説明を聞きに行く。「4分の3グループ12次募集」の個別の説明会である。

驚くべき高台移転の予定があり、町民も更なる不安と言う。志津川西が29年、東・中央が30年の完成引き渡しの町の情報、伊里前・戸倉の28年を早期になのか? 大きな工事区が多くの時間必要となったのか。志津川地区は2割の移転希望の減少があり、完成期の遅れの説明が当初から想定されての、2年の遅れの意味と住民の反応が気がかりだ。

25年の独自支援の実施状況が報告された。利子補給の申請が224件で、2割が町外で50世帯弱が移転し、そのうち37件が登米市だった。私も昨日に金利補助の内定は25年だったので、この数字に入っている。しかし、建設からローンの土地と建物の抵当権設定の終了が先週で、その後での「建物登記」の取得があり、昨日に補助金申請を済ませ、補給は1か月ぐらい掛かると知人から聞いた。ローンでの建物保険が30万、抵当権設定費が28万と、更なる支出に蓄財の枯渇がある。残ったのは自分の保険の預け金だけとなった。
被災者の住宅再建とて建設費の高騰で、建設計画はいくら補助金があっても、厳しいこれからがあり、その現実の大変さを思う。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター