FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

県内の遺構はありますよ

2011-04-15 07.30.00
昨日、村井県知事の定例記者があった。
県内の津波遺構の保存に国が責任をもってあたるべきと発言をした。何故かと言うと、気仙沼の大型船の解体が進み、南三陸町の防災庁舎も解体するとの方向へ進んでいる。
最終決定は自治体がするが、その大きな障害が財源にあると言い、その解決には国の支援が欠かせないからと話す。色々な記録と調査が成され、今の技術を持ってすれば「復元」は可能で、あの場所にそのまま残す事は、復旧復興の障害である事は間違いがなく、これを利用して観光客の誘致は、町民の賛成は得られるはずもない。
写真は2011年4月15日の荒島パークで、引き波でこの場所には瓦礫が無く、何かに小舟が逆さになり引っかかっている光景と、ホテルだけがこの角度では残った。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター