FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

被災した住民の土地確保はなぜ遅い


歌津港地区の防災集団移転地が、歌津と小泉蔵内の間に造成されていた。何もない国道沿いの原野だった所を、当初造成が進んだものの、法面が全ての土地にあった。法面問題は土地を取得した住民の、擁壁の工事負担で大きな障害となっている。被災者からの苦情が各地区であり、その高さ・面積によって工事費は、個人負担として50万~400万円も要すると聞く。
こんな問題の中で港地区の防集も、現地を見る限りすべてに擁壁が造られていた。また、土地の造成が終わるとすぐに、基礎工事の型枠がもう出来ていた。「土地さえあれば」が住宅再建の被災者の願いで、町の造成が遅れている事で、工事費増加・建設業者確保が被災者に、大きな負担として2倍以上へと、今後も大きな住宅確保の足かせとなっている。

今年度中に小さい地域の「防災集団移転」の土地造成工事が終わると言う。次々と造成完了と共に、被災者は一日も早く住宅確保へと歩んでいる。この責任は「南三陸町復興計画」を策定し実行している行政に、大きな責任がある。
ある方が「土地は町が造成し無償で被災者へ」「住宅・生活再建費として町が町民にもっと補助すべき」など、こんな政策を訴える町長がいれば、当選するし住民再建も早まり、人口の流出も止まると話していた。私も同感と思っている。そんな南三陸町の救世主は、今の所出て来る可能性は低い、それができないしない意味を町民は深く考えるべきと思う。

青森県平川市の住民は、大きな声で「この町は恥ずかしい!」と声を大にして言い、自分の街の姿を嘆いていた。私は我が町に物をはっきり言う町民が出て来る事を願っている。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター