FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

自治体長・議員は住民ために


青森県平川市議会で異常事態となっていた。
今回また6人の市議会議員が収賄で逮捕された。社会福祉法人から20万~100万円の授受があり逮捕された。1月には平川市長選挙で前市町の買収で、当人と支援し選挙活動費名目の資金の授受の買収で、9人の現職議員が逮捕されている。20人の議員定数の内15人が今回逮捕された事になる。
金銭選挙は無くなる事はないのだろうか。地方議員の不祥事があるが、平川市の議員のモラル低下は全国的なものと、全国の国民がいま認識を持ち始めている。「政治と金」は切っても切れない関係があると言うか。そこには国からの交付金の使い道の「便宜」がここにあるようだ。
平川市の社会福祉法人の市長支援の資金提供は、高齢化社会・時代を迎え、この回の結果から「福祉介護施設の建設の便宜」が、この選挙の票集めに、前市長変わっての市長支援の資金供与として流れていた。
何処の自治体にもあると思わせる事件のようだ。あらゆる「裏工作」が警察の「選挙違反取締本部」の目を潜っての選挙違反をし、「悪は滅びる」とは言うが、自分のためだけに水を引こうとする行政トップの行動が、一部の自治体に在り、古い政治家行動体制がまだあるのかと地方の現状を嘆く、地域住民の政治への期待の低下は進む。
神奈川の県議会議員が「脱泡ハーブ所持」で逮捕された。元県議会議員の報道は1週間前の警察の摘発で、先週末の辞表の提出があり、決して元ではなく現職である。10袋の発見は借りていたマンションと報道は伝えていて、これも「政務調査費」からの支出なのだろう。国民の代表の不祥事はいつまで続くのだろうか、悪い膿は全て出して欲しい。自民党の幹部は今後の選挙への影響を懸念していた
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター