FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

町長選挙一騎打ち


志小と志中の間に防災庁舎が未だにある。小中学生には余り興味は無いようだが、昨日の休日には庁舎前に観光客に混じって、小中学生が自転車で数名集まっていた。環境的には「どうだろう」と思う。

防災庁舎の「祈念切手」の製作による、この大震災の風化防止と後世への継承を行政に提案しますが、どうでしょうか。
 こうした震災を心に残し、醜い危険な構造物となりつつある、庁舎解体への道を、町民の意向を確認しどうするかを決定してほしい。警察署での現場の検証・記録も進んでいると思います。総てとはいわないが、解体を望む遺族の思いをかなえてほしい。
 生活困窮者や高齢者がこの大震災により増加している現実があり、災害公営住宅の建設が急務である。東地区が一番早いと思うが、入居開始時の明確な時期は示せないのか。
 また、西地区希望者が29年度の公営住宅建設が伸びたせいで、入居先を東地区へと変更したいとの声も住民から起こっている。この問題に行政はどう対応していくのか。
 (本当に町の所有する用地への早期建設をお願いしたいと思います)




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター