FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

従弟に合掌 6月4日

2011-06-04 16.15.41
被災から3か月になり道路の瓦礫も少しずつ取り除かれた頃の時です。
町民の避難誘導にあたっていた従弟はもう帰ってこない。冷静沈着な彼であってもこの大津波から、逃れる時期の予測を逸していた。
隣りにある宮城県合同庁舎で10名前後が屋上で助かった。津波は海が盛り上がり一気に堤防を越え、「あっと」言う間の襲来だった。398号と気仙沼線の交差する高さまで、八幡川が津波の通り道となっていたせいで、志津川消防署前での避難誘導からの安全な場所への避難は、一瞬の考えの判断が「生と死」の境目にあった。
広域事務組合の職員であった。職員の殉職は5名で広域組合・国で追悼式典があり、国から殉職への賞状も頂いたが、この場の慰霊の形に驚いた。風車と造花のモニュメントといった感じに追悼の場が設けられていた。それもBRTの駐車場の片隅にだ、私の従弟は言うだろう。「そんな事は良いから早く復興を、町の為に頑張れ!」と。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター