FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

楽しく老々介護


部屋の掃除は、高齢者特有の「ゴミを貯める」という行動もあり、飲み物も部屋の奥から見つかり、こたつの下からも色々なものが出てきた。汚れた下着は全てゴミとともに出し、飲まなくなった薬も山のように部屋にためていた。テーブルもほこりだらけで窓とドアを全開し空気を入れ替えた。臭い取もキャップを開けないままで、部屋の隅においてあり、掃除を終えた。
ベッドは敷布を洗濯し、布団は干しほこりを払った。あんなにも「ほこり」が、ほこりたたきで舞うことに、その月日の長さを感じる。タオルケット2枚と掛け毛布2枚を太陽にあててあげた。
3時間かけての掃除仕事を終え、腰掛けて座っていた父は「疲れた寝たい」と言う父は、奇麗になったベッドに横になると、晩御飯も食べず朝まで眠った。
父の着替え、すべて脱がせ洗濯をする事に、本格的な「老老介護」の状況となっている。


スポンサーサイト



南三陸町の海から

でべそ
●12月20日の日曜日は「歌津あわび祭り」です。午前10時~午後2時までで、午前8時から整理券を配布します。「歌津献上2020活あわび特売会」として、毎年好評の南三陸町歌津のイベントです。価格は「当日発表!」です。
但し書きにコロナ対策は勿論ですが、中止になる場合として、主催者がコロナ感染で開催が困難となった場合、行政からの中止、会場状況で主催者が開催困難となった場合とあった。


「町への不信感」「町民の誹謗中傷」へ


南三陸町の「10割増し」の抽選会の申請が、4地区で投函が始まった。今回の方法に対しても、町民からの問い合わせを聴く。「前回の販売者への町の確認は大丈夫か」「前回買った人がまた買う不公平対策は万全か」「今回は是非買いたいが買えない事に公平性は」などがあった。(女性の方)。「絶対に今回は買いたいが買えない事に不公平はないか」「前回と同じ早い物勝ちでやってほうが良い」「町長が今回の事業責任者、町民や町外から来た方に広報で謝罪を!」があり、「商店街の消費拡大とはなっていない」「町に泊まりに来て買いに来た人も多い」「外国人研修生が多く購入している」「災害公営に住む高齢者や生活困窮者へは利用されていない」など、今事業が町に「住民間不信」「買った人への中傷」もある事を、町の噂で耳にする。
混乱とならない「ルール決定」なしの、軽はずみは「10割増し・てんこ盛り」と言う商品券の、コロナ対策には大きな落とし穴があった。


プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター