FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

コロナ渦の中で


《議員に発言に思う》
もう一つ私にとっては疑問の発言があった。一人の議員が「町長自ら緊急事態の解消となり、飲食の推進を職員含めてするべきでは」「町の海水浴の海開きをするべき」など、町長への要望を語った。その答えは「海水浴場は今月に協議し決定する」、「少しずつ様子を見て進めたい」と、まるで議会の意見のような発言に、聴いている人は感じるかもしれない。
私は「今年は海開きを中止」、「夜の職員の飲み会」は、世間の状況の中で、都会の状況とは違い、自然のコロナ終息の流れにまかせるべきと思う。まさに「拙速!」と感じた。色々な議論を否定するものではない。発言は自由だが、町民の受け止め方しだいだろう。

「観光立町」をめざし交流人口拡大を推進する、町長にとっては追い風となる発言だろう。少し言わせた感はないだろうか。

17日の新聞に、東松島市の「月浜海水浴場」は県内初で、海開きを決定した。


スポンサーサイト



プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター