FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

議会の活性化とは


私が選んだ大切と感じた質疑から(特別会計から)
下記が内容が多く削除した部分の議論です。残りは来月中旬の「議会だより」をご覧ください。

問 出産一時金80万円があるが、国保での出産数は。
答 年間60人の出産のうち20人を予算化している。

問(千葉) 一部の施設でショートステイを中止した訳は。
答 介護職員の不足より今一時的に見合わせている。町としてもヘルパー養成講座を開催しているが、確保に至っていない。

問 市場使用料の100万円減少した訳は。
答 29年はタコが豊漁で20億円超えたものの、3年間の水揚げ金額の平均で減ったため。

問 水洗化に対する利子補給とは。対象のくみ取り便所の世帯数は。
答 くみ取り式から水洗便所に改造する方への、資金借り入れの利子補てん。くみ取り世帯は約1400戸。

決算委員会での質問者は限られた議員だけのように思う。

議会活性化委員会での「タブレット化」には、現在の所、移行へは賛成できない。ドコモのタブレットで議員16名分と事務局で3人、一人一台で3万6千円、19人分で68万4千円となる。一年にすると820万8千円となる。その他に執行部分のタブレットは約26人で、93万6千円、一年間で1123万2千円となる。
タブレット活用には議会・職員合計で約45人分「一か月162万円」である。一年間にすると「7290万円」となる。タブレットを使う事で議論が低下しないか? 資料の確認で議員に戸惑いと混乱となり、質問機会が減るのではと感じる。

震災再建の10年まであと2年、復興工事が遅れている「防潮堤工事」が、今後5年程かかると言う。それで町の財政に余裕があるか、検証してからのタブレット導入でも遅くない。と私は思う。


スポンサーサイト
プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター